1215
百丈の木に登って一丈の枝より落つる
ひゃくじょうの きに のぼって いちじょうの えだより おつる
高い木の枝にのぼった時は緊張しているから落ちないが、低い所では油断をして落ちる。
危険がないと思うところに災難が起きるといういましめ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁