1218
風樹の歎
ふうじゅの うた
子供が親に孝行したいと思ったとき、すでに親は死んでいて孝養を尽くすことができないという嘆き。
風木の嘆。
風樹=風に揺れ動く樹木の意から転じて、死んだ親を思うことをいう。
類語として、孝行のしたい時分に親はなし/石に布団は着せられず●feelingsorryafterit'stoolate(後悔しても遅い)
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁