1219
再び実なる木は其の根必ず傷る
ふたたび みなるきは そのね かならず やぶる
一年に二度実がなる木は枯れる。
あまり栄華をきわめるのは、滅亡の基であるというたとえ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁