128
熟柿が熟柿を弔う
うみがきが じゅくしを とむらう
熟瓜が熟柿を笑う、ともいう。
熟した柿が落ちてつぶれたのを隣りの青柿が「いたわしいことだ」と弔い、同情すること。
青柿もいつか、同じ運命にあることを忘れていることから、はなはだしい差異のない者が、少しばかりの優劣をもとに、あれこれ言うことのたとえ。
類のことわざとして目糞が鼻糞を笑う。
昨日は人の上、今日は我が上。
人の事は我が事。
五十歩にして百歩をわらう。
猿の尻笑い。
等がある。
The pot calls the kettle black.
(鍋が釜を黒ちゃんと呼ぶ)
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁