326
松の実生えの臼になるまで
まつの みばえの うすに なるまで
(「実生え」は、つぎ木さし木などによらず種子から発芽した植物をいう)実生えの松がやがて臼になるまで。
松の長い寿命と共に。
遠い後々まで、いつまでもということ。
類語として、さざれ石の巌となるまで。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁