727
梅一輪一輪ずつの暖かさ
うめいちりん いちりんずつのあたたかさ
日ごとに春めいてくることをいう。
梅のつぼみが一輪ほころび、また一輪ほころび、 それにつれて少しずつ暖かくなってくる。
松尾芭蕉の弟子服部嵐雪の句。
元の句は 「梅(むめ)一輪一輪ほどの暖かさ」
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁