819
椋の葉で百遍磨いたような
むくの はでひゃっぺんみがいたような
てかてかと光っていることをいう。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁