334
銘木の伽羅におと無きが如し
めいぼくの きゃらに おとなきが ごとし
真にすぐれたものは外面にかんたんにあらわれず、なかなか気がつかないことをいう。
奥ゆかしいこと。
真にすぐれた人は、みだりに外へあらわさないことのたとえ。
おと=香り。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁