31
桃栗三年柿八年
もも くり さんねん かき はちねん
桃と栗は芽生えてから三年、柿は八年で実を結ぶということ。
資本を投じてから相当の年月を経なければ、それ相応の利益を得ることはできない、という意。
各地で言われ、この下に「柚(ゆず)は九年」、「柚は遅くて十三年」、「梅は酸いとて十三年」、「梅は酸い酸い十八年」、「枇杷(びわ)は九年でなりかねる」、「枇杷は九年で登りかねる梅は酸い酸い十三年」、「柚のばかめは十八年」などの句をつけても言われている。
類語として、桃栗三年柿八年梅の十三年待遠い。
桃栗三年柿八年柚は九年で花盛り梅はすいとて十三年。
桃栗三年後家一年。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁