346
役人と木っ端は立てるほどよし
やくにんと こっぱは たてるほど よし
役人には逆らわず顔の立つようにしてやるとよい。
薪も立てるようにするとよく燃え る。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁