651
柳風にしなう
やなぎ かぜにしなう
柳は風に吹かれるままになびいて、少しもさからわない。
言われるままに従って、逆らわぬのがよい、ということ。
従順な人は、人から傷つけられることがない。
類語として、柳に風と受流す。
柳に風折なし。
楊柳の風に吹かるるごとし。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁