885
山泣き木泣き
やまなき きなき
土佐のことわざ。
山泣き木泣きの日(月の二十日)に、木を伐ると、根の方が枯れ ず、切口の樹皮が内側にまきこんで来るといわれ、山仕事をさける風習があった。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁