954
梅と桜を両手に持つ
うめと さくらを りようてにもつ
良い物を、左右の手に持つ、ということで、よいことの上に、よいことがあること。
類語として、梅と桜を両手に持つ。
両の手のうまい物。
両の手に花と紅葉。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁