1267
余桃の罪
よとうの つみ
主君の寵愛が薄れた後、もと愛せられたことがかえって罪を得るもとになるのをいう。
余桃=食べかけの桃。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁