668
落花流水の情
らっか りゅうすい のじょう
男と女が互いに慕い合う気持ちがあること。
風に散って、水に流されていく花を見ると、花には流れる水に従って流れていきたい気持ちがあり、流れゆく水には、落花をのせて、流れていきたい気持ちがあるかのように見える。
類語として、魚心あれば水心。
誘う水あればいなんとぞ思う。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁