363
連木で門掃く
れんぎで かど はく
すりこ木で門口を掃く。
にわかの来客などを、あわてふためきながら迎えるさまをいう。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁