428
老木は曲らぬ
ろうぼくは まがらぬ
若い木は弾力があって曲げられるが、老木になると、曲げると折れてしまう。
木も若いうちでないと曲がらぬ。
人も若いうちになおさなければ、あとではなおらない。
人も若いうちなら、性質も癖も治るが、老人になってからは、治らない、ということ。
【参考】矯(た)めるなら若木のうち
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁