786
六十一の木の又年
ろくじゆういち のきのまたどし
新潟県のことわざ、むかしは六十一になると、山へ年寄を捨てたという伝え。
山の木の又に吊して来るので、六十一の木の又年という。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁