132
梅は食うとも種食うな中に天神寝てござる
うめは くうとも たね くうな なかに てんじん ねてござる
梅は食うとも核食うな中に天神寝てござる、ともいう。
生梅(なまうめ)の種には毒があるから食べてはいけないという戒め。
天神は菅原道真の霊を祭ったもので、道真が梅を愛したという故事より生じたことば。
さらに、梅の種をかむと字を忘れるという俗説も生じた。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁