368
若木に腰掛けな
わかきに こし かけな
若い木は折れやすいから腰を掛けるなの意から。
まだ力のついていない若い者を当てにしてはいけないということ。
また、若くてまだ力のついていない者に、むりなことをさせるなということ。
一説に年少の者は大切にすべきだとの意とも。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁