677
若木の下で笠をぬげ
わかきの したで かさを ぬげ
若い木は、後にどんな大木になるかわからない。
人間も、若い者は将来どんなに立派な人になるかもわからないから、若いと言ってばかにしないで敬意をもって接すべきであるということ。
類語として、古木に手をかくるな、若木に腰かくるな。
後世畏(おそ)るべし。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁