135
梅を望んで渇きを止む
うめを のぞんで かわきを とむ
梅の実の酸いのを想像すると、自然に口の中につばがたまるので、それでのどのかわきを一時こらえること。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁