421
枝本より大なれば必ず披く
えだ、 もと より だい なれば かならず ひらく
木の枝が幹より太い場合には、その木は折れなければ必ず裂ける意味から。
元が弱くて、枝葉が多くなりすぎると危険である、というたとえ。
類語として、枝は幹より大なるを得ず。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁