v1.1

木のまめ知識

 

合板が奇数枚であるのは

合板の枚数は原則奇数枚になっています。
合板が複数枚になっている理由は第一に強度増加、第二に寸法安定の ためであることはよく知られています。
しかしどうして偶数枚でなくて奇数枚になっているのでしょうか?
奇数枚でないと生産上非常に効率の悪いものになるからです。
合板は縦方向繊維と横方向繊維のベニヤ単板を互い違いに 貼り合わせています。例えば5枚プライの合板だとすると2枚目と4枚目の ベニヤ単板の両側に接着剤をつけてプレスすれば完成です。しかしこれが 6枚プライにすると、2枚目と4枚目の両側に接着剤をつけて5枚目の片側 のみに接着剤をつけねばなりません。5プライであれば2工程のものが6プ ライにすると3工程に増えます。又両面接着剤と片面接着剤と2種類の接 着剤塗布ラインが必要になります。それではすべての接着ラインを片側 のみの接着剤塗布にすれば解決しますが、それでは2工程ですむところ が倍の4工程に手間がかかります。これらが奇数枚の一番大きな理由です。
すべての合板工場、合板商品が上記に当てはまるわけではありません。
追加情報
2007年3月にある閲覧者から、「奇数である理由は寸法安定性が目的で、生産性は結果としてなっているのでは」とのご指摘をいただきました。
確認のため、合板メーカー3社の技術者、1社の営業の方にご意見を伺いました。
その結果
奇数枚合板と偶数枚合板では、寸法安定性において大差なく、作業性の良さ・ 生産性の良さの点から奇数枚合板が採用されている。との結論を得ました。

学術的には、「寸法安定のため」というのが答えですが、実際の製造や経済上は「コストのため」ということになろうかと思います。

(1996.10.15より) /最終更新日 2015年10月15日