v1.1

木のまめ知識

 

材木はなぜ乾燥させて使うの

実際に材木として使われた後、収縮によって造作上の狂いを 生じさせないためです。木の重さは1立方メートル当たりで、 針葉樹が600~700kg、広葉樹なら800kg。重さ の差は、木の組織の違いのほかに、その中にもっている水分 の量によっても違います。ふつう針葉樹が40~50%、広 葉樹は50~60%水分量があります。
木は伐採されてから、半年から1年、あるいは2年、自然に 乾燥します。15~20%の標準含水率になって、日本の湿 度からもうこれ以上は乾燥しないとなって使用するのです。
ちなみに乾燥ぎみの欧米諸国では12%です。また自然乾燥 だけではなく、いまは人工乾燥も盛ん行われています。
(1996.10.15より) /最終更新日 2015年10月15日