乾燥材

非常にはっきりしているのは乾燥材の方が明確に良いと言うことです。
木は乾燥すれば強度は上りますし、狂わなくなりますし、当然割れる
ことも少くなります。確かにヒノキチオールは乾燥途中で水分といっしょに
出ていきますが、そんなことは未乾燥材を使う言訳けにしかなりません。
それではなぜ乾燥材を使わないのかと言うことになりますが、現実に桧や
杉は完全には乾燥できません。つまり現在使われている内地材は
ほとんど芯持ちですが、この芯の部分の赤身はなかなか乾燥しないのです。
それでも人工乾燥して中の部分まで15%を切るようにすると、その前に
周辺部が過乾燥になって、又、凄まじい狂いが出て、もはや家の柱としては
使えない状態になってしまいます。
故に実際には人工乾燥しても表層部を15%程度に人工乾燥するか、
ある程度天然乾燥させて30%程度で使うかしか方法が残されていません。