目的にあった良い木材を生産するには

目的にあった良い木材を生産しようという、歴史は豊臣時代にさかのぼります。
豊臣時代から江戸時代には都市が栄え、城、茶町、屋敷などに多くの木材が 使われました。当時、天然の良木が全国的に有名になり、それが徐々に銘柄 材として認とめられました。たとえば、秋田杉、木曽桧などです。
どの銘柄材もすべて天然でしたが、大径の天然木が育つのには時間がかか るため、いくつかの地域では銘柄を維持し、また特殊用途に合った材を得る ために人の手を加え生産をはじめました。
銘柄材の生産は、江戸時代から本格的に行われ、吉野杉や北山杉などが 有名です。木は、ある程度手を加えることによって、材質を変えることができ、 同じ材をコンスタントに生産することが可能です。その代表的な手入れは、 間伐と枝打ちです。また、造林木では、通常初期の成長量が大きいので 密植して成長を抑えます。
これは、日照量が多いほど木にとって、良好ですがあまりに太りすぎると 年齢の幅が広くなり、狂いが大きく弱い木材になることがあるからです。
一方、枝は老齢の大径木では自然に枯れあがるのですが、枝打ちを早くから 行えば、中小径木でも製材したときに材面が無節の美しい材を
生産することができます。