こたえ Answer
木材は伐採したあとも、生きているように見えます。
実際は死んでいますが、多くの方や書籍では文学的な表現で生きていると言っているのです。
それは木材になっても呼吸と同じ作用をしているからです。
つまり木には虫眼鏡などで木の木口(こぐち)から見ると(年輪が見える方向)小さな穴があります。
ここに湿気などの水分を吸収するのです。まわりが乾燥してくると、ここから吸い込んだ水分を 吐き出します。板面にも小さな穴があるような木(ケヤキ、セン)だとここからも水分の吸い込みをします。