こたえ Answer
厳密な区別はありませんが、最近になって利用している方々に少しづつ コンセンサスが出来てきました。 巨樹は幹廻り10メートル以上のもので日本ではすべて何らかの記念物の 対象となっている。巨木は幹廻り3メートル以上のもの、昭和63年の 環境庁の調査によると、全国に55798本と記録されています。