こたえ Answer
住宅建築等につかわれた木材は、時間経過とともに安定した乾燥状態になります。
この時の含水率を平衡含水率といいます。
その廻りの湿度によってなじみ(安定し)ますので、 室内で使う場合は10%から15%、室外で使う場合とか、構造材であれば15%から20%ぐらいです。