こたえ Answer
パイン材と言う言葉からは、国産の松でも米国産の松でもヨーロッパ産の松でもよいことになりますが、 業界一般ではパイン材とは欧州赤松とよばれる北欧産の松のことをいいます。
しかしこの慣習は最近5年ぐらいのことです。それまではあまり欧州赤松は日本には入っていなかったのでパイン材と 言う呼び名は一部の業者さんだけが使っていた言葉でした。
国産の松の場合日本住宅の梁に使われる赤松黒松は「地松(ぢまつ)」と言う呼び方をされています。
これはアメリカ産の「米松」と区別するために慣習化したものと思います。
又、日本でたくさん植林されているカラ松はパインと呼ばれずにそのまま「カラマツ」と呼ばれています。
日本に入荷している松で多いのは2×4建築の構造材のSPFと言うカナダ産の材種です。
この木はどこのホームセンターでも販売している白っぽい木です。
そしてアメリカ産のサザンイェローパインと呼ばれる材です、強度があるのでボーリング場のレーンに使われたり、 USJのラグーン周辺のウッドデッキはすべてこの木が使われました。
最後に欧州赤松です。これらがパイン材の輸入御三家と言うところでしょう。
(ニュージーランド産のラジ゜エーターパインもありますが、 これは内装材にはほとんど使われていません)しかし輸入業者によっては他意はなく、 カナダ産のものもアメリカ産のものもパインと言う名前で販売しているところもあります。
我々専門業者では間違えるといけないので必ず、 本来の樹種名を言いますが、建材メーカーさん等は長い名前になったり分りにくい名前を嫌うので単純に 「パイン」で済ませているところが多いのが実情です。
ですから輸入住宅でヨーロッパからの輸入住宅の場合はフローリングに パイン材使用と書いてあれば欧州赤松と考えて間違いありませんが、 カナダ・アメリカからの輸入住宅の場合はパイン材と書いていれば、SPF材のことだと思われます。以上がパインの説明 ですが、施主様からパイン材を指定されたとしたら欧州赤松を使っておけば間違いはないと思います。
商品的にはすでに多く出回っていますし、品質も安定していますので無難です。