読み
万葉よみ 現代よみ
椿(つばき) 【藪椿(やぶつばき)】

ふり
がな
こせやまの つらつらつばき つらつらに 
みつつ(しのはな こせのはるのを 
坂門人足

意味
巨勢山(こせやま)のつらつら椿。その椿を見ながらつくづくと偲(しの)ぼうよ。椿の花咲く巨勢の春野を
つらつら椿は花盛りの頃の椿が点々と連なる様とも、椿の木が並ぶ様とも解されている。

  万葉集には9首の歌が詠まれている

樹木
解説
椿は春を代表する木という意の国字。海石榴(つばき)の字を当てた歌もある。

関連
世界の木材 ヤブツバキ
木偏百樹 つばき

出展
巻1-54