読み
万葉よみ現代よみ
松(まつ)【松(まつ)】

ふり
がな
いはしろの はままつが えだをひきむすび
まさきくあらば またかへりみむ
有馬皇子

意味
磐代の浜松の枝を、幸を祈って結ぶ。無事であれば、再び帰って来てこれを見よう
有馬皇子(ありまのおうじ)は斉明四年、謀反を企てたが捕えられ、行幸先の紀伊の牟婁湯(むろ)に連行され、尋問後、藤白の地で絞首された。

万葉集には77首の歌が詠まれている

樹木
解説
松は赤松、黒松などの総称。

関連
世界の木材 1192.マツ
木偏百樹 83.まつ

出展
巻2-141