読み
万葉よみ 現代よみ
萩(はぎ)
山萩(やまはぎ)

ふり
がな
たかまどの のべのあきはぎ いたづらに 
さきかちるらむ みるひとなしに 
笠金村歌集

意味
志貴親王(しきのみこ)の薨(かむあが)りましし時」に読まれたもので、「高円の野辺の秋萩は、むなしく咲いては散っているのだろうか。見る人(御覧になる皇子)もいないのに

  万葉集には142首の歌が詠まれていて、一番多い。

樹木
解説
萩は秋の七草の一つで、万葉歌にも数多く詠まれている。萩の名は現在、ハギ類の総称名とすることが多いが、古くは萩といえば山萩をさした。

関連
世界の木材 0025.ヤマハギ

出展
巻2-231