読み
万葉よみ 現代よみ
橡(つるばみ)
-櫟(くぬぎ)

ふり
がな
つねばみのころもは ひとみんことなしと 
いひしときよりきほしくおもほゆ
柿本人麿

意味
橡で染めた衣は、みんな無難だと言うのを聞いて以来、自分もぜひ着たものと思っている

  万葉集には6首のさつるぱみの歌が詠まれている

樹木
解説
櫟はブナ科の落葉高木。葉はクリに似た 長楕円形、樹皮は暗灰色で縦に割れ目ができる。実はカールした鱗片をたくさんつけた帽子をかぶったどんぐりで、この実を煎じた汁は紺黒色の染料になる。

関連
世界の木材 クヌギ
木偏百樹 くぬぎ

出展
巻7-1311