読み
万葉よみ 現代よみ
藤(ふぢ)
藤(ふじ)

ふり
がな
こいしけば かたみにせむと わがやどに 
うゑしふじなみ いまさきにけり 
山部赤人

意味
恋しかったなら形見にして眺めようと、私の家に植えた藤の花が、今咲いている

  万葉集には26首の歌が詠まれている

樹木
解説
藤が、薄紫の長い花房を垂れて群れ咲く姿を藤波という。この時季の藤は優美にみえるが、反面、松などの樹木に蔓がまきつき葉を繁らせた夏の姿は凄まじい。

関連
世界の木材 0614.フジ

出展
巻8-1471