読み
万葉よみ 現代よみ
唐棣(はねず)
庭梅(にわうめ)

ふり
がな
なつまけて さきたるはねず ひさかたの
あめうちふらば うつろひなむか 
大伴家持

意味
夏を待ちうけて咲いた唐棣、そのはねずは雨が降ったら、色あせてしまうだろうか

  万葉集には4首の歌が詠まれている

樹木
解説
庭梅は春に、葉に先だって淡紅色の、梅に似た形の花を咲かせる落葉低木。唐棣は、庭梅とするのが定説であるが、庭桜(にわざくら)・木蓮(もくれん)・山梨(やまなし)説もある。

関連


出展
巻8-1485