読み
万葉よみ 現代よみ
つつじ
躑躅(つつじ)

ふり
がな
たくひれの おうさかやまの しろつつじ 
われににほはね いもにしめさむ 
読人しらず

意味
鷺坂山の白つつじよ。その色を私に染めつけてくれ。それを妻に示そう

  万葉集には8首のつつじの詠が詠まれている

樹木
解説
躑躅はツツジ類の総称名、万葉の歌には、躑躅・管自(つつじ)・管仕(つつじ)・茵(つつじ)などと表記され、丹(に)つつじ(山つつじ)、石管自(いわつつじ)など、特定の種類名でも詠まれている。

関連
世界の木材 ツツジ

出展
巻九・雑歌所収。