読み
万葉よみ 現代よみ
河楊(かはやなぎ)
猫柳(ねこやなぎ)

ふり
がな
やまのまに ゆきはふりつつしかすがに 
このかはやぎは もえにけるかも 
読人しらず

意味
山あいに雪は降り続いている。けれども、この河楊はもう芽をふいている

  万葉集には4首のかはやなぎの歌が詠まれている

樹木
解説
河楊(川柳)は水辺に生える柳の意で「かわやぎ」ともいわれた。今日の猫柳のことで、枝は上を向き、春先に銀色の花穂を現わす。
歌は「柳を詠む」と題された八首の内の一つ。

関連
木偏百樹 22.かわやなぎ

出展
巻10-1848