読み
万葉よみ 現代よみ
為垂柳(しだりやなぎ)
枝垂柳(しだれやなぎ)

ふり
がな
はるされば しだりやなぎの とををにも 
いもはこころに のりにけるかも 
柿本人麿歌集

意味
春になると、枝垂柳が芽をふいて、枝がしなってくるように、私の心がしなうほどに、あなたはは私の心に乗っりかぶさっている。

  万葉集には37首の歌が詠まれている

樹木
解説
枝垂柳は枝が下に垂れるのでこの名がある。柳といえばこの枝垂柳を指す。別名糸柳(いとやなぎ)。新芽がわずかに出た頃は、芽張柳(めばりやなぎ)とも称される。

関連
世界の木材 ヤナギ
木偏百樹 やなぎ

出展
巻10-1896