読み
万葉よみ 現代よみ
卯の花(うのはな)
空木(うつぎ)

ふり
がな
うのはなの さきちるをかゆ ほととぎす
なきてさわる きみはききつや 
読人しらず

意味
卯の花の咲きいたり、散ったりしている岡を、霍公鳥が鳴いて飛んで行きます。いとしいあなたは聞いたでしょうか

  万葉集には24首の歌が詠まれている

樹木
解説
卯の花は、初夏に白い花を咲かせる落葉低木。
陰暦四月の別名卯月(うづき)の卯(う)の花月(はなづき)が約(つづ)まった名。
北海道から九州(奄美大島まで)、中国に分布する。
 別名ウノハナといい、漢字では空木、卯花と書く。葉は対生し卵状楕円形などで、 上面に星状毛があってざらつく。梅雨のころ狭い円錐花序に密生して白色の五弁、 鐘形の花をつける。同種にマルバウツギ、ヒメウツギなど同様の白花をつける低木がある。

関連


出展
巻10-1976