読み
万葉よみ 現代よみ
槻(つき)
欅(けやき)

ふり
がな
はせのゆつきが したにわがかくせるつま
あかねさしてれるつくよに 
ひとみてむかも 
読人しらず

意味
長谷のけやきの木の下に私の隠し妻をたたせる。
しかし、あかあかと照るこの月夜に、誰か見つけるかもしれない

  万葉集には8首のけやき歌が詠まれている

樹木
解説
日当りを好み、本州・四国・九州の温帯林や暖帯林で広く分布する。
 樹皮は灰褐色で、若木では横しわがはいり、老木ではしばしばその一部が うろこ状にはげおちる。欅はほうきを逆さに立てたように枝を伸ばす落葉高木。槻は正確には槻欅(つきげやき)のことらしいが、両者は区別できないほどよく似ている。

関連
世界の木材 174.ケヤキ
木偏百樹 31.けやき

出展
巻11-2353