読み
万葉集と樹木
万葉よみ 現代よみ
柏(かしは)
柏(かしわ)

ふり
がな
あきかしはうるわかはべの しののめの
 ひとにはあはね きみにあへなく 
読人しらず

意味
潤和川のほとりの小竹のように、人には忍び隠せても、あたなに対しては、思う気持を抑えることができない

  万葉集には4首のかしわの歌が詠まれている

樹木
解説
波状の荒い鋸歯をもったカシワの葉は、端午の節句の柏餅で なじみ深いものである。カシワの枯葉は冬期も落ちないで、翌年の春まで枝に残るのが特徴である。木枯らしに吹かれ カサカサと鳴る、カシワの枯葉には捨て難い風情がある。 「かしわ」はもともと、食物を盛るのに適する、広くて厚い葉の総称。その代表が柏であったことから名づけられたもの。歌では、秋柏は潤和川の枕詞。

関連
世界の木材 0172.カシワ
木偏百樹 15.かしわ

出展
巻11-2478