読み
万葉よみ 現代よみ
桜(さくら) 桜(さくら)

ふり
がな
はるさらば かざしにせむと わがもひし 
さくらのはなは ちりりにけるかも 
読人しらず

意味
春になったなら、挿頭(かざし)にしようと思っていた桜の花。その花はもう散ってしまった

  万葉集には47首の歌が詠まれている

樹木
解説
後代は「花」といえば桜を指したが、万葉の歌では梅その他を読んだ例もある。今日、桜といえば染井吉野をイメージすることが多いが、当時の桜は、たいてい山桜である。

関連
世界の木材 サクラ 造幣局のさくら
木偏百樹 さくら

出展
巻16-3786