読み
万葉よみ 現代よみ
枳(からたち) 枳殻(からたち)

ふり
がな
からたちの うはらかりそけ くらたてむ 
くそとおくまれ くしつくるとじ 
忌部首

意味
枳を刈り除いて倉を建てたいのに、そんなところで用をたさないでくれ、櫛を作る刀自よ

  万葉集にはこの1首のみが詠まれている

樹木
解説
枳殻(からたち)は唐橘(からたちばな)の略。
漢名を音読みして枳殻(きこく)ともいう。
花は白色、枝に鋭い刺がある。

関連
世界の木材 0396.カラタチ
木偏百樹 20.からたち

出展
巻16-3832