読み
万葉よみ 現代よみ
楝(あふち) せんだん

ふり
がな
ほととぎす あふちのえだに いきてゐば 
はなはちらむな たまとみるまで 
大伴家持

意味
ほととぎすが楝の枝に止ったなら、
花は玉となって散るだろうな

  万葉集には4首の歌が詠まれている

樹木
解説
古くはれん・樗と書いて、アフチ・オウチとよんだ。香木のセンダンは、 ビャクダン科のビャクダン(白檀)のことで本種ではない。ケヤキ、キリの模擬材に用いられる。家具材のほか、 ラケットや下駄、琵琶の胴などに使われる。

関連
世界の木材 0186.センダン
木偏百樹 49.せんだん

出展
巻17-3913