読み
万葉よみ 現代よみ
橘(たちばな) 蜜柑(みかん)類

ふり
がな
たちばなの にほへるかかも ほととぎす
 なくよのあめに うつろひぬらむ 
大伴家持

意味
橘の花の咲きにおう香は、ほととぎすの鳴く夜の雨に、消え去ったことだろうか

  万葉集には69首の歌が詠まれている

樹木
解説
植物分類上は橘という種もあるが、小蜜柑(こみかん)、柑子(こうじ)蜜柑なども含めた小形のミカン類と解されている。
初夏に咲く花は、花橘(はなたちばな)ともいう。

関連
木偏百樹 たちばな

出展
巻17-3916