読み
万葉よみ 現代よみ
桃(もも) 桃(もも)

ふり
がな
はるのその  くれなゐにほふもものはな 
したでるみちに いでたつおとめ 
大伴家持

意味
「春の苑で、紅に美しくかがやいている桃の花。その桃の花の色が照り映える道に出て、立っている少女よ

  万葉集には7首の歌が詠まれている

樹木
解説
桃は春に桃色の花を開き、夏に実を結ぶ果樹であるが、古くから観賞用に庭にも植えられた。
『万葉集』には桃のほか、毛桃の名も見える。
歌は、春苑(しゅんえん)に桃李の花を見て作った二首の内の一首。

関連
世界の木材 0074.モミ
木偏百樹 91.もも

出展
巻19-4139