読み
万葉よみ 現代よみ
ちち 犬枇杷(いぬびわ)

ふり
がな
ちちのみのちちのいのち ははそばのははのいのちおぼろかに こころつくしておもふらむ そのこなれやも・・・ 
読人しらず(大伴家持)

意味
父、母が心をつくして思っておられるような、そんな子供であるのだろうか、
武勇で、後の世に語りつがれるようにならなければ。

  万葉集にはこの1首しか詠まれていない。
歌は長歌の一部で、ちちの実は同音の「父」にかかる枕詞。

樹木
解説
「ちち」は、枝や葉柄を折ると白い乳汁を出すことからの名。今でもチチ、アンマーチーチーなどの名で呼ぶ地方もある。枇杷形の実は甘く、食べられる。

関連


出展
巻19-4164