読み
万葉よみ 現代よみ
荊(うまら) 野茨(のいばら)

ふり
がな
みちのべの うまらのうれに はほまめの 
からまるきみを はかれかいかむ 
はせつかべのとり

意味
道端の荊の先に這い、まきつく豆のように、からまるあなたに別れて行くのであろうか

  万葉集にはこの歌のみが詠まれている。
荊(うまら)は荊(うばら)と同じ意味の東(あずま)語という。

樹木
解説
野茨は、白い花の咲く野生のばら、または野生ばらの総称。
バラ科。落葉低木。北海道、本州北中部、千島、樺太、朝鮮半島、大陸東北部の海岸の 砂地に分布する。葉は互生する奇数羽状複葉で、小葉は7-9個、倒卵形など。5-6月に 円錐花序を出し、白色、五弁で径2cmほどの花をつける。花弁の先はへこむ。
偽果は球形で紅色に熟する。類似のものにヤマイバラ、ミヤコイバラ、ヤブイバラ、 テリハノイバラなどがあり、いずれもノイバラに似た白花をつける。

関連
世界の木材 0020.ノイバラ

出展
巻20-4352